BandCrossのFX自動売買

勇敢に

運用口座によって異なるトレード成績その3

先週は割と活発に取引したBandCross3なのですが、FX-ONサイトのPCシステムが停止していたということで、実績表示にはいくつかのトレードが反映されませんでした。先月はFX会社のサーバトラブルでDDが反映されてないのでこれでプラスマイナス0ぐらいでしょうか。でももう少し安定したシステムにしてもらえたらと思っています。

そんなこんなで本当のFXDDと各社の運用実績の違いは以下のようになっています。久しぶりにFXDDとPepperstoneが違うトレードを行った結果、そうだったのかという分類が発見できました。

1. FXDDにどこまでもついて行きますという会社(FXDD一致率80%超):XM、ICMarkets

2. FXDDにできるだけついて行きますがPepperstoneが別のポジション取ったらそっちに合わせますという会社(FXDD一致率50~80%):Pepperstone、Alpari、YJFX、ForexCom、AVA、OANDA、FXPro (特にPepperstoneとAlpari、ForexComは仲良し)

3. たまにはFXDDについて行きますという会社(FXDD一致率20~50%):FXCM

4. 他社のことは気にしてませんという会社(FXDD一致率20%未満):FXTF

FXTFはロット数の変更を忘れていたためエントリーがありませんでした。大変失礼いたしました。

上記はあくまでも最近の運用結果からの個人的な意見であり、情報の信頼性は保証されたものではありません。いずれにしても投資はあくまで自己責任でお願いします。(こんなネタに惑わされないように…)

まだこの検証はしばらく続けるつもりですが、最高気温が30℃を超えるくらいになったらPCのことを考えて終了する予定です。

作成者: BandCross

普段は自動制御系ソフトウェアのエンジニアをしている会社員です。FXの自動売買ソフトウェアを専門サイトに出品していますので、それに関連する情報を発信していきたいと考えています。

コメントは受け付けていません。