BandCrossのFX自動売買

勇敢に

BandCross3を国内FX業者(レバレッジ25倍)で運用する場合の資金について

FX-ONに投稿したブログ記事その1

FX-ONのブログがどこかへ行ってしまったようなので過去に投稿した記事の抜粋をこちらに残しておきたいと思います。(まずはブログ作成の練習です)

BandCross3を国内FX業者(レバレッジ25倍)で運用する場合の資金について

0.1ロット(1万通貨)で運用する際の推奨資金は以下のように考えられます。
推奨資金 = 必要証拠金 + 最大ドローダウン金額 + 強制ロスカット回避のための証拠金 + 余裕資金
・BandCross3は最大で2ポジション保有しますので必要証拠金は以下のようになります。
現在のEURUSDレート約1.3500×10000通貨×2ポジション×ドル円レート104円/25倍≒120,000円
・最大ドローダウンは過去3年間のバックテストにおいて約620ドルです。精神的に余裕を持つためさらに悪い条件として最大2ポジションのストップロス(220pips)が2回連続して発生したと考えると  220ドル×2ポジション×2回×ドル円レート104円≒100,000円 となります。なお、BandCross3では通常AutoClose機能でEAが決済しますのでストップロス設定による決済はめったに発生しません。  (でもバックテストでは何回か発生しています…)

・強制ロスカットは概ねどの国内FX業者でも証拠金維持率100%となっていますので、最大ドローダウンの金額がカバーできればストップロス前に強制ロスカットになることはありません。したがって強制ロスカット回避のための証拠金は0となります。(Arpariジャパン、Forex.Com、サイバーエージェントFX、FXCMジャパンは100%、OANDAジャパンは50%?、100%を超えるFX業者の場合その分の加算が必要)
・最悪のケースが発生した後に2ポジション保有してかつBandCross3の平均的な損切レベル(約90pips)を許容出来る余裕資金を加算します。90ドル×2ポジション×ドル円レート104円×余裕度1.5≒30,000円

上記よりレバレッジ25倍で運用する際の0.1ロット(1万通貨)の推奨資金は以下のようになります。
必要証拠金120,000円 + 最大ドローダウン金額100,000円 + 強制ロスカット回避のための証拠金0円 + 余裕資金30,000円 = 250,000円
これは運用開始直後に最悪のケースが発生した後もある程度取引を継続できる安心の金額となります。(でもそんな時は一旦運用を止めるべきかも…) 。
ちなみに海外口座でレバレッジ200倍の場合は必要証拠金が約15,000円になりますので安心の金額は円換算で15,000円+100,000円+0円+30,000円 ≒ 150,000円(約1,500USD)となります。

感覚的には0.1ロットで国内口座(25倍)の場合300,000円、海外口座(200倍)で2,000USD程度が良いと思います。
(私は0.1ロット/2000USDで運用しています)

長文読んで頂きありがとうございました。

作成者: BandCross

普段は自動制御系ソフトウェアのエンジニアをしている会社員です。FXの自動売買ソフトウェアを専門サイトに出品していますので、それに関連する情報を発信していきたいと考えています。

コメントは受け付けていません。