BandCrossのFX自動売買

勇敢に

デモ口座とリアル口座のトレード結果の違い

とある同業者様からBandCross3を運用するにあたりデモとリアル口座の成績に違いがあるかという質問を受けました。ユーザ様の増加に伴い同一タイミングのオーダーが増えてFX会社のサーバに影響が出ていないかという事かと思います。

実はBandCross3は出品する3ヶ月ぐらい前からFXDDのリアル口座とデモ口座の両方で検証しています。(デモ口座はみんなのMT4で公開しています)デモ口座はしばらく止めてたりポジション持ったままうっかり動かすのを忘れたりしたことありましたので、リアル口座の結果とそもそも一致しない時期があるのですが、同時に運用していたと思われる時期のトレード結果を比較してみました。結果は以下のようになります。

エントリーが一致131回、不一致19回(一致率 87.3 %)

一度エントリーがズレるとしばらく異なるトレードとなりますので感覚的には違いはもっと少ないように感じます。またここ2ヶ月間以上全く同じエントリーとなっています。FXDDで運用されている方が少ないのではということも考えられますが、他社でのトレードもFXDDのリアル口座とおおむね同じタイミングが多い事を考えると、これまでのBandCross3の販売本数ではFX会社のサーバの処理能力には影響無いと考えて良いかと思います。

作成者: BandCross

普段は自動制御系ソフトウェアのエンジニアをしている会社員です。FXの自動売買ソフトウェアを専門サイトに出品していますので、それに関連する情報を発信していきたいと考えています。

コメントは受け付けていません。