BandCrossのFX自動売買

勇敢に

今年はうるう秒の年

BandCross3もそうですが時刻による取引制限を行っているEAは、FX会社によって異なるサーバ時刻の調整を行う必要があります。たぶんどのEAも基準時刻(GMTとかUTCとかいう時刻)との違いとサーバ時刻を使って調整しているのではないかと思いますが、今年はその世界の基準時刻にうるう秒が発生します。

具体的には日本時間の2015年7月1日の午前9時直前に閏秒の挿入が行われます。(8時59分60秒ができて1秒長くなる)

2012年にも閏秒の挿入があったのですが、それが原因でトラブルが発生したコンピュータシステムもあったそうですので注意です。まあ身近なところにあるシステムは問題ないとは思いますが、午前9時といえば日本のマーケットが開始する時刻ですのでこの1秒を使って稼いでやろうなどと考えている人もいるかもしれません。9時を過ぎたら早めにPCの時刻をあわせておきましょう。

作成者: BandCross

普段は自動制御系ソフトウェアのエンジニアをしている会社員です。FXの自動売買ソフトウェアを専門サイトに出品していますので、それに関連する情報を発信していきたいと考えています。

コメントは受け付けていません。