BandCrossのFX自動売買

勇敢に

リアル口座でのスワップ運用再開

今度こそ長期運用しようと決意も新たに、確定申告最終日の3月15日からリアル口座でのスワップ運用を再開しました。まずはランド円を100000通貨の買いとスイスフラン円15000通貨の売りの組み合わせを証拠金20万円で始めています。両方ともプラススワップなのでリスクヘッジした上に両方のスワップが貯まっていくナイスな組み合わせです。このところ若干相関係数が下がってきていますが、昨日の時点で0.92以上ですのでまだまだ十分高いと思っています。

デイトレード主体のワタシが長期運用するためには、あまり口座の状況を確認しないほうが良いのかなと思って見ていなかったのですが、今朝確認すると既に10パーセント近い利益が出ているではありませんか。もちろんこれはたまたま相場がワタシのポジションの方向に動いたことによる為替差益が大きいのであって、狙ったものではありません。狙っているスワップポイントは1ヶ月で5000円足らずですので4日間ではごくわずかです。(それでも祝日の関係ですでに1000円足らず貯まっていました)

ということで前回の記事で10パーセントぐらいの利益が確保できるときは決済するのが良いと書いていたのですが、さすがにまだ早いかなと思うのでしばらくガマンして保有する予定です。(ランド/スイスフランの合成ボリンジャーバンド(130)は2シグマぐらいですがRSI(20)はまだ60以下)

作成者: BandCross

普段は自動制御系ソフトウェアのエンジニアをしている会社員です。FXの自動売買ソフトウェアを専門サイトに出品していますので、それに関連する情報を発信していきたいと考えています。

コメントは受け付けていません。