BandCrossのFX自動売買

勇敢に

3月までのまとめ

このところ仕事が急に忙しくなり、EAの開発作業やブログの更新が滞っているのですが、4月になりましたので一応新型BandCross3のこれまでの成績をまとめておきたいと思います。(またPRですみません)

1位、楽天FXCM (デモ) 403.9pips、28勝7負、

2位、ICMarkets(デモ) 385.8pips、28勝6負

3位、OANDA(リアル) 358.4pips、25勝8負

4位、Forex.Com(リアル) 237pips、23勝10負

5位、FX-Pro(デモ、FX-ONフォワードテスト)、131.7pips、22勝13負

途中稼動していない期間のあるFXDDやFXTF、XMなどは除外しましたが、ざっとみたところ概ねForex.ComかFX-Proと同程度の結果になるのではないかと思っています。

ということで相変わらずスプレッドの小さいFX会社の成績は安定していますが、スプレッド第2グループのFX会社では時々苦戦するトレードが発生するというこれまでと同じような結果となっています。(スプレッドだけが理由ではないかもしれませんが)

まあ獲得Pipsは少ないのですが、その日の早いうちにクローズするのは本当に安心ですね。朝起きてチャートを見たときに一時間足が長~く延びているのをみてもドキッとせずにすみます。

 

作成者: BandCross

普段は自動制御系ソフトウェアのエンジニアをしている会社員です。FXの自動売買ソフトウェアを専門サイトに出品していますので、それに関連する情報を発信していきたいと考えています。

コメントは受け付けていません。