BandCrossのFX自動売買

勇敢に

クレジットカードの海外旅行保険

FX自動売買のfx-onサイトでクレジットカード情報流出事件が発生し、既に多くの方が被害にあわれているようです。ワタシのクレジットカード情報も流出した可能性があると連絡あったので、このところ頻繁に利用履歴をチェックしていたのですが今のところ大丈夫なようでホッとしています。

事件があったからというわけではありませんが、これを機会に手持ちのクレジットカードを見直すべくこれまであまり気にしていなかったクレジットカードのスペックを調べてみました。

色々なサイトで詳細の比較が行われているおかげでだいぶワタシもオタク的知識が増えてきましたが、その中でも興味を持ったのは付帯サービスの海外旅行傷害保険についてです。

これまで仕事で何度か海外へ行ったことはあるのですが、その際にクレジットカードの保険を使うことを考えたことはありません。というのも内容も見ないでどうせ付帯サービスなんだからたいして使えないのだろうとアタマから信じていたのです。

ところが調べてみるとかなり使えるだけでなくまさに百花繚乱、年会費無料のカードの保険がゴールドカードより良かったりする下克上状態のものまであるのです。

そしてどうやら以下の3点を注意する必要があることがわかってきました。

1.自動付帯か利用付帯か

クレジットカードを持っていれば自動的に適用される自動付帯と、海外へ行く前に交通費を一部でもそのクレジットで購入しないと適用されない利用付帯がある。当然自動付帯が便利。(日本出国後に現地の公共交通機関の利用代金をクレジットカードで支払った場合でもイイみたい)

2.傷害/疾病治療費の補償

死亡・後遺障害保障よりも使用する頻度の高い治療保険金が肝心で400~500万円あれば安心らしい。(米国以外なら)

3.キャッシュレス診療

現地で一旦代金を立て替えるのではなく、保険会社が代金を払ってくれるサービス。保険会社の提携病院に行く必要あり。

このなかで保険が利用付帯となっている場合、航空券をクレジットカードで決済すればまずそのカードの保険は使えます。でも年会費が安いカードの場合、治療保険金は良くても200万円程度なので目標の400~500万円には届きません。そのため少なくとももう一枚のクレジットカードの保険を適用できるようにする必要があります。(治療費は適用可能な保険を合算できる)

実はここからが本題で、成田空港へ行く場合はクレジットカードで決済できる移動方法はいろいろありますが、羽田空港から出国する場合、特に私鉄沿線から空港バスで羽田空港へ行く場合にクレジット決済する方法がありません。JTBとかHISにバスチケット買ってもらいそれをクレジットカードで決済できないか問い合わせたのですが、即座に出来ませんと回答されました。。。

しかし方法はあるものです。どうやら以下のサイトで羽田空港までのバスチケットをインターネットで予約購入しクレジットで決済できるようです。(そんなにたくさんの路線ありませんが)

https://secure.j-bus.co.jp/hon/AirportLine.mvc

これでなんとか2つ目の利用付帯保険も使える道が開けました。まだ実際に試していないので具合はわからないのですが、羽田空港を使う国内出張があったら試してみたいと思っています。

もしどなたか実際にこのサイトを使ったことのある方とか人柱になってくれる方とか他にもバスチケットをクレジットカードで購入できるサイトなどがあったら情報お待ちしています。(実際は自動付帯のクレジットカードを作ったほうがよっぽど確実で簡単だと思います。特に丸井のエポスカードがイイようです。)

作成者: BandCross

普段は自動制御系ソフトウェアのエンジニアをしている会社員です。FXの自動売買ソフトウェアを専門サイトに出品していますので、それに関連する情報を発信していきたいと考えています。

コメントは受け付けていません。