BandCrossのFX自動売買

勇敢に

2017年1月3日
から BandCross
明けましておめでとうございます はコメントを受け付けていません。

明けましておめでとうございます

2017年明けましておめでとうございます。

残念ながら休みは今日までで明日から仕事始めの方が多いのではないかと思いますが、ワタシもその一人でちょっと憂鬱な気分です。まあそれでも新年ですのでブログの外観も変更して心機一転、今年もあまり気合を入れずに頑張ろうと思っています。

ところでこのブログはwordpressというもので作成しているのですが、外観を決めているのはテーマ(いわゆる外観のテンプレート)というものです。ワタシは適当に最初に出てきたテーマを選んで使っていたのですが、この休み中に調べてみるとたくさんのテーマがあるのに驚きました。中には有料のものもあるんですね。

そんないいかげんなワタシのブログも次の3月で4年目となります。やはり継続は力なり!ということでFX自動売買も継続してチカラと利益を積み重ねていきたいと思っています。

 

2016年12月31日
から BandCross
2016年のBandCross3 はコメントを受け付けていません。

2016年のBandCross3

激動の2016年ももう少しで終了ですね。FXは昨日で終了していますので、ワタシのBandCross3は今年どうだったのかまとめておきたいと思います。(少しですが利益出ているのでココロ安らか。。。)

最新BandCross3は2015年12月末のリリースですので、2016年の1年間の結果がリリース後の運用結果となります。例によってFXDDのヒストリカルデータを使ってバックテストを行ってみると以下のようになりました。(Spreadは20(2pips)固定)

2016年の損益=426pips, PF=1.60, トレード数=95, 最大DD=139pips

手元のリアル/デモ口座やfx-onのフォワードテストでもおおむね400pips前後の利益となっているので、このバックテスト結果は実際の運用結果とほぼ合っていると考えて良いと思います。

これをQuantAnalyzerというツールで分析してみると、以下のグラフのようになり2016年はここ数年のバックテスト結果と比較して利益、トレード数ともほぼ同等の結果が再現できた事が確認できます(ちょっと少ないけど)

・年毎の損益推移

strategytester_plbyyearchart1

・年毎のトレード数の推移

strategytester_tradesbyyearchart1

400pipsというのはFXとしては微々たる利益ですが20万円で0.1ロットの運用なら24万円になっているということです。これは年利20%となり、ワタシの持っていた投資信託たちに比べれば大変優秀な成績です。(結局投資信託はマイナスで解約してしまったし。。。)

ということで利益は大したことはありませんが、心臓に優しいデイトレードで大きなDDも無く、バックテストと同じような結果が再現できているということで来年もBandCross3は地道に頑張ってくれるのではないかと期待しています。(EAとしては物足りないかもしれませんが投資信託に比べれば。。。)

来年も地味なBandCross3をよろしくお願いします。(._.)

2016年12月17日
から BandCross
検査してきました はコメントを受け付けていません。

検査してきました

先月から今月にかけて個人的に色々なことがあって結構忙しかったのですが、一応それらも一段落して落ち着いた年末を迎えることが出来そうかと思っていたところ、今度は仕事関係の緊急事態でバタバタし始めています。やはり宝くじがガツンと当たるぐらいの運がないと、ゆったり生活するのは無理なのかもしれません。

実は先日検査のため入院してきました。左手首から細い管を動脈に入れて心臓まで挿入し、その管からカラダに有害な造影剤を入れて心臓周りの動脈を撮影するという心臓カテーテル検査のためです。聞いただけで痛そうなのですが、もちろん局所麻酔を使っていますので痛みはそれほどありません。ただ心配だったのが検査中に下痢になったらどうしようということです。

ワタシの腸は寒さとか冷たい飲みものに弱いようで、すぐハラ痛を起こします。検査は30分ぐらいだと聞いていたのですが、当然その間動くことはできません。まさか検査台をトイレ代わりにするわけにはいかないぞということで検査の2時間前ぐらいから非常に緊張していました。(点滴のせいかトイレも近いし)

幸いなことに何事もなく検査は無事終了し、結果も悪くはなかったので一安心しています。もしまた検査する機会があったら、腹巻してもいいですかと聞いてみようと思っています。